welfare

共済・会員サービス

かなりお得な共済制度 中小企業退職金共済

安全・確実・有利な国の退職金制度

中小企業退職金共済は、中小企業者の相互共済と国の援助で退職金制度を確立し、中小企業の従業員の福祉の増進と、中小企業の振興に寄与することを目的とした制度です。

制度の特徴

  • 掛金は、全額損金(法人の場合)または必要経費(個人の場合)に算入できます。
  • 新規加入時・掛金増額時に掛金の一部を国が助成します。
  • 毎月の掛金は口座振替で納付、加入後の面倒な手続きや事務処理はナシ、
    従業員ごとの納付状況、退職金額を事業主にお知らせされるなど退職金の管理が簡単です。

加入資格・要件

  • 以下の表に当てはまる事業所が加入できます。
業 種 常用従業員数 / 資本金・出資金
一般業種(製造業、建設業等) 300人以下 または 3億円以下
卸売業 100人以下 または 1億円以下
サービス業 100人以下 または 5,000万円以下
小売業 50人以下 または 5,000万円以下
  • 加入の際は、原則全従業員を加入させる必要があります。
    ただし、期間を定めて雇われている人、季節的な仕事のために雇われている人、試用期間中の人、パートタイマーのように労働時間の特に短い人、休職中の人、相当の期間内に雇用関係の終了することが明らかな従業員などは加入させなくても問題ありません。

中小企業退職金共済に関するご相談

制度内容の詳細やご相談については独立行政法人勤労者退職金共済機構のHP
またはお電話(TEL:03-6907-1234)にてお問い合わせください。

お問い合わせ
  • 中小企業支援課
    0467-23-2563
    会館窓口受付時間:月~金 9:00~17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始は除く)
  • メールでのお問い合わせ