鎌倉商工会議所の活動や事業、そして古都鎌倉の見どころやイベント等楽しくて役に立ついろいろな情報を皆様にご提供いたします。
鎌倉商工会議所
お問い合わせ
最新情報
商工会議所概要
会員特典・サービス事業
商工振興事業
観光振興事業
活力あるまちづくり支援
中小企業経営支援
鎌倉中小企業景況調査
会員福祉共済
検定情報
貸し会議室のご案内
会員リンクコーナー
観光情報
観光情報リンク集
各種情報
個人情報保護方針
会報
Home > 最新情報
最新情報
経営相談コーナーQ&A
 
Q. 軽減税率対策補助金について教えてください。
A  軽減税率対策補助金とは、消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。
 
 複数税率対応として、2つの申請類型があります。
◆A型 複数税率対応レジの導入等支援
複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、対応できるように既存のレジを改修したりするときに使える補助金です。
A型は、レジの種類や複数税率への対応方法(導入/改修)により 合計4種類の申請方式に分かれます。
A-1型 レジ・導入型
A-2型 レジ・改修型
A-3型 モバイルPOSレジシステム
A-4型 POSレジシステム
補助額は、レジ1台あたり20万円が上限です。
基本的には、補助率は2/3ですが、1台のみ機器導入を行う場合でかつ導入費用が3万円未満の機器については補助率3/4、タブレット等の汎用端末についての補助率は1/2と、補助率が異なります。
◆B型 受発注システムの改修等支援
電子的な受発注システム(EDI/EOS等)を利用する事業者のうち、複数税率に対応するために必要となる機能について、改修・入替を行う場合に使える補助金です。
B型は、指定事業者に改修等を依頼するか、事業者自身で行うかで 2種類の申請方式に分かれます。
B-1型 受発注システム・指定事業者改修型
B-2型 受発注システム・自己導入型
補助上限額は、発注システム側・受注システム側の改修・入替ごとに異なります。
(小売事業者等の)発注システムの場合の補助上限額は1000万円、(卸売事業者等の)受注システムの場合の補助上限額は150万円で、両方の改修・入替が必要な場合の上限は1000万円となります。
補助率は、改修・入替に係る費用の2/3です。補助対象範囲外の機能を含むパッケージ製品・サービスについては、初期購入費用の1/2を補助対象経費とし、これに補助率を乗じるものとします。
◆申請受付期限
  「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日(平成28年3月29日)から 平成30年1月31日までに導入または改修等が完了したものが支援対象となります。
A型及びB-2型
 平成30年1月31日までに申請(事後申請)
B-1型
 平成30年1月31日までに事業が完了するように申請
 (事前申請。交付決定以前に作業着手した場合は補助対象になりません。)
◆詳細については、ホームページまたは事務局にお問い合せ下さい。
http://kzt-hojo.jp/
○軽減税率対策補助金事務局コールセンター TEL 0570 (081) 222 
Home ページトップへ
Copyright